<< 余韻に浸る     八重桜 >>